• ホーム
  • ED治療薬の処方価格に関するシリアスな話

ED治療薬の処方価格に関するシリアスな話

現代社会において勃起が上手くいかずに悩んでいる男性は少なくありません。
世の中に初めてバイアグラが登場した時の反響からもわかる様に、世の中には勃起不全に悩んでいる男性が少なくないのです。
しかしながらこの勃起不全に有効とされているED治療薬については入手法に特徴がありますので理解しておく必要があります。
日本における一般的な入手ルートとしては病院で診察を受けて処方箋を書いてもらうという道になります。
現在全てのED治療薬は商法線が必要な薬品に指定されており、誰でも気軽に購入することが出来る薬ではないのです。
町のドラッグストアを探しても見つかることはありません。
従って処方価格については何処で購入しても基本的には同じような金額になります。
またED治療は健康保険の適用対象にはなりませんので、ED治療薬を購入する際にも自費を投じる必要があります。
そのためかなり高額な治療費となるのです。
その様な環境があるため、近年ではインターネット上で個人輸入が進められるケースが少なくありません。
日本では認可されていない外国のED治療薬を個人で取り寄せることが制度上可能ですので、その様な方法で安く薬を入手しようとする人も出てきています。
しかしこの様な方法は決して推奨できるものではありませんので注意しておかなければなりません。
シリアスな話になりますが、インターネット上で個人輸入が可能な薬の中には非常に安いものが少なくありません。
その様な商品の中にはかなりの割合で偽物が含まれているのです。
また本物であったとしても薬物による何らかの健康被害が出たとしても救済制度は存在していません。
非常にリスキーな方法であるということを理解しておかなければならないのです。